new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

Cavean ATable白 天屋原甲州2022

残り2点

2,200円

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

★北海道・九州・沖縄・離島には+¥400の追加送料が掛かります。恐れいりますが、追加送料のアイテムをカートにお入れくださいませ。 ◇Cave an【Â table甲州2022/天屋原】 . 2022/10/5 【豊国園】の天屋原圃場にて収穫され、安蔵正子さんの手によって醸造された甲州シュールリー。 当日は最高の収穫日和。晴れ渡った秋空は天高く澄み渡った空気の中 正子さん、柿崎監督、竹島由夏さん、島村明日果さん、上江洲由美さん…シグナチャーチームの豪華過ぎる皆さんと一緒に収穫しました。 正子さんと由夏さんがふたりで1つの葡萄コンテナに収穫される姿にまるでウスケボーイズの映画のシーンを観ているような錯覚に陥りドキドキが止まりませんでした。 予定より多めに収穫して夕方ワイナリーに軽トラ2台満載にして納品。 ここからは正子さんにより、一晩冷蔵庫で葡萄を冷やし翌日仕込み開始。 一部は徐行破砕、一部はホールバンチプレス、一晩置いてブルバージュ。 野生酵母を添加し20℃前後で2週間程発酵。発酵後、酸が高かったのでMLF菌を添加して除酸。シュールリー状態で春まで置き、澱引きして瓶詰め。 ・ グラスに注ぐととても豊かで柔らかい白桃や暖かい柑橘香やバターの様な複雑で奥行きのある香りに驚く。 今春のワイナリーOPENイベントの時も『甲州単体なの?』って声も多く 栽培者としては、このふくよかな香りにまず嬉しさがこみ上げます。 口にするとフレッシュな爽やかさと共に舌の奥に広がる旨味と柔らかでまろやかな酸味。 果実味と酸とのバランスが良くそしてエレガントで余韻も長い。 まさにこれが安蔵正子さんの造るワインです。 ・ 山梨市鴨居寺の当園の天屋原圃場は、重川沿いの水はけのよい土壌でアミノ酸数値が高く小粒で果皮のしっかりとした葡萄を生みます。 正子さんが醸造家としての長年の経験と感と哲学でこのテロワールを活かしてくれたワインに感動が止まりません。 リリースから5ヶ月が経ち、香りはさらに開きねっとりとした蜂蜜のボディを促しさらに美味しくなりました。 ぜひぜひ一人でも多くの皆さまに正子さんの造るワインを楽しんでいただきたいです。 . 【Â table】とはフランスで『食事の時間ですよ』の意味 食事と共に飲んでいていつの間にかグラスが空になっている! そんな食事に寄り添うワイン造りがCave anのコンセプトです。

セール中のアイテム